を有効にしてご利用ください / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por好有効Javascriptエル![ ? ]

ТРАНСПОНДЕРНЫЕ НОВОСТИ ЗА 03.04.2016

НОВОСТИ СПУТНИКОВОГО ТЕЛЕВИДЕНИЯ

ヤマル 401, 90.0° E
テレビ チャンネル「ミレー」が掲載 11482 (H) 4027, ОТКРЫТО.
「ホームストア」と「豊田通商」、12718V と共に去りぬ, テスト カードに置き換え.

インテルサット 20 (20), 68.5° E
«新しいフロンティア テレビに放送を開始 12562 N 26657 FEC 3/4, DVB-S/MPEG-2, SID:8, PID:776/1032, ОТКРЫТО

ヤマル 402, 55.0° E
"マッチ! テレビ ' 12721V で開始しました (北ビーム), BISS, SR 3255, FEC 3/4.

Turksat 4A, 42° E
"土偶テレビ エルズルム» と共に去りぬ 12034 V 27500 5/6
「Denge TV」が 12605.00 MHz で切断されました。, ポル。(V), DVB-S SID:50608 PID:5608/5708 トルコ語

ユーテルサット ホット鳥 13 ° E
「赤ちゃんテレビに登場 10853 (H) 29900 2/3 DVB-S2/8相 PSK/MPEG-4 FTA


「オリオン」が。
DX TM
衛星通信事業者オリオン急行, 今年の冬には位置決め自体市場で「メディア プラットフォーム」としてオリオン」, 受信側の加入者機器プレミアム セグメントを市場に投入する予定します。. 「Telesputnik」へのインタビューでこれについて語った次長マリア ジリナ.
Всё, «Telekarta» と «Telekarta ボストーク» パッケージを表示する新しいデジタル衛星セットトップ ボックスのこれまでのところ知られています。, これは、情報を, リターン チャンネル及びサブスクライバー オンライン サービスを提供します。. M によると. 企業を理解します。, 製品には大量消費がないです。, しかし、この方向で作業が既に進行中.
好奇心が強い, 現在「オリオン」のいくつかの千の加入者はすでに旧衛星オペレーター"Rikor テレビ資産"から衛星インタラクティブ デジタル セット トップ ボックス表示に使用されて», «Активное ТВ». Они были разработаны и произведены в России. リリース コンソール行使アルザマス町工場, 会社「Рикор」に所属します。. ロシアのメーカー不明の態度に新しい対話型セットトップ ボックスがあるかどうか.
Компания «Орион» рассчитывает, 新しいインタラクティブ衛星セットトップ ボックスのユーザーが顧客になります。, プレミアム サービスの支払いを喜んでいる人.
В прошлом году сообщалось, 第 2 位の加入者数衛星オペレーター オリオン急行"は、結合された衛星ケーブルやデジタル加入者端末を販売するには. これまでのところ, さまざまな理由から, これからに放棄されていた加入者装置を拡大.

ヨーロッパ衛星進水センチネル 1 b まで移動
ヨーロッパ衛星進水センチネル 1 b ロケット ソユーズ St とは開催されます。 23 4 月, 金曜日で、ロシア宇宙庁に通知.
以前報告した欧州宇宙機関, その宇宙船のセンチネル 1 b の予定です。 22 4 月.
“4 月 20-第三: PH “ソユーズ St A” KA センチネル 1B “センチネル 1B” -フランス領ギアナ宇宙センター状態”, -読み取り.

チャネル エポック テスト続行します。
アモス 3, 4.0° W、テレビ チャネルの継続的テスト"エポック" 上 11389 (H) 27500, MPEG-4/HD.
ジャンル: 科学的です – 認知

 

推奨!